『仮面舞盗会』ブログ


LED第9回公演「仮面舞盗会 序ノ舞」「仮面舞盗会 終ノ舞」公式ブログ
by m-f-phantom
プロフィールを見る
画像一覧

序の終わり、終の始まり

改訂再演である序ノ舞が千秋楽を向かえ、新作である終ノ舞が初日をあけました。

序ノ舞は「昨年より彩りが鮮やかになりましたね〜」などのお声をいただき、黒蜥蜴のセリフじゃないけど、まさに「手間隙かけた甲斐があるってもんじゃないか」です。

なんせ出演者(キャラクター)が6人ほど増えておりますから。
まず、昨年は若くして当主を継いだ手塚龍之介君だったのが、ちゃんとした立派な当主手塚龍之介氏になりました。実はこの手塚氏が鏡地獄という謎の男が成り済ましていた事件の黒幕だったのです。
はたして鏡地獄の目的は?明智や二十面相をもってしても捕らえる事のできなかった鏡地獄を、終ノ舞では倒す事ができるのか?!
手塚家には長男・昌一、長女・雪子の二人の子供が。
昌一君が昨年の龍之介君ポジションです。下々に威圧的でありながら真性はM。潜入操作をしていた紅緒は技術(アレコレ)を駆使して彼から皇帝の夜光の時計のことを聞き出します。
そんな兄を冷ややかに見下す雪子が一番強い子なのでは。
昌一君と舞踏会で出会い恋に落ちるのは緑川(黒蜥蜴)率いる歌劇団の女優・江川蘭子。
蘭子は人間豹・恩田にも目をつけられてしまいます。終ノ舞では彼女を巡る事件が起きるのです。
蘭子と同じく歌劇団女優・里見芳枝も舞踏会につれてこられ、そこで手塚家で働いている姉、里見絹枝を見つけて大はしゃぎ。絹枝にたしなめられてしまいます。

青銅の魔人にされてしまった蛭田刑事のかわりに、試用採用された女性警察官・星野が相棒として今西刑事と組みます。「女に刑事が勤まる訳ねぇじゃねえか」と言っていた今西ですが、少しずつ星野を認めていくのです。
前作では軍人蛭田が魔人にされ、徳永刑事と組んだ今西刑事の友情で魔人を追いつめたのでした。

終ノ舞はこれらの人物が複雑に絡み合い、それを明智&小林、二十面相、黒蜥蜴が解いていきます。

そして人間椅子が……。



豪華絢爛の乱歩祭りの最終章、残りあと三回です!どうぞお見逃しなく!!!



本日夜の回は若干余裕がございます。本日昼の会、千秋楽はご予約も混み合ってまいりましたので、お早めのご連絡をおすすめいたします。

皆様に楽しいひとときを。
[PR]
by m-f-phantom | 2010-10-10 09:33 | 舞台風景

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

序の終わり、終の始まり
at 2010-10-10 09:33
いよいよ
at 2010-10-07 07:43
さらば稽古場
at 2010-10-04 23:56
ミラクルiori
at 2010-10-04 04:05
小林君!
at 2010-09-29 01:31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧